レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。

 

レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。

脱毛 小倉
脱毛 小倉
http://xn--z9jtbt46bs25krcow9y0jyshpyy5a.com/kokura/



レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:2018年04月28日

娘の頃、
おれはいもうとに嫉妬してました。
小さい頃のいもうとはとっても可愛いかったのです。

姉が言うのもなんですが、超キュート!
しかも、恥ずかしがりで、人見知りで、泣き虫。
悔しいけど、可愛かった!

なので、
よく一緒に遊んでは、いじめてました。

2人でお使いやショッピングに行った時、
道に迷ったり、買いたいものが見つけられず困った時は、
ぜ〜んぶいもうとの責任。

おれは、産まれた時からそこそこ体格がいいので、
2歳年下のさらに体格も小さいいもうとには脅威。

そのおれが、
いもうとを全力で殴って蹴って、階段から突き落としていました。
いもうとは、おれに立ち向かう為には、武器を使うしかない…

そんなおれを姉に持ち、
いもうとは思春期に大きな変化を遂げました。

いもうとは、精神的にかなり強くなっておりました。
人見知りなんて可愛いものは何処に行ったのか、
面と向かって身内でも他人でも、どんどん食って掛かる…

英語もろくに喋れないのに、
海外もしょっちゅう長い期間、単独で行くし…

それはそれで、
その部分をおれは嫉妬します。

それを感じると
またケンカを吹っかけます。

その日のケンカは、
いもうとの背中にアザを残しました。

階段の上からイスがおれの頭めがけて降ってきました。
とても情熱的なケンカです。
2人ともいい歳して…

それから数日していもうとは家を出ました。
おれと一緒の空気を吸いたくないから。

かれこれ二年、いもうとと会っていない…
嫉妬するほど好きだったんですどね。

しょちゅう2人でカラオケやショッピングに行ってたし、
一緒のバイトもしてたし、
2人で旅行も行ったりしてたし…

でも今は、接触すら断たれております。
嫉妬と上手く付き合えなかったおれのミスですね。